« ネコ派? | トップページ | あなたを熱くさせたロボットアニメは »

ちょっとしたエピソードゥ

ある硬式野球の練習試合のできごとです、打者の打った打球がワンバンドして捕手の股間に当たりました。

通常捕手と審判(球審)は金カップというものでガードしていますのでそれほどのダメージはないと思っていましたが暫くしても立ち上がらないためコーチが駈け寄り一般的な対処法であるジャンプさせる行動にでました。

幸いコーチは体大きく選手を軽々2~3回ジャンプさせ様子をみましたが、回復する見込みなしで抱き上げグランドの外に出して顔を見ると、真っ青でこれは素人判断はまずと救急車を呼ぶことにしました。

程なくして到着した救急隊員の方が氷ありますかと言って受取ると選手の股間に入れどんな場所でもまずは冷やしてくださいと言って病院に連れて行きました。

素人の我々は冷やして良いものか悩んでいたのですが?
約1時間ほどで元気な姿で選手は帰ってきました。治療は点滴だとか?
その後選手に話しを聞くとその日は金カップを忘れていた事が判明。
大変痛い経験をしましたと苦笑いでした。
硬式野球の怖さを知った一日でした

|

« ネコ派? | トップページ | あなたを熱くさせたロボットアニメは »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしたエピソードゥ:

« ネコ派? | トップページ | あなたを熱くさせたロボットアニメは »