« プロの審判に真実はこれだ | トップページ | 高校野球の通算ホームラン数とは »

野球試合時間短縮

新聞に出ていましたが今年からプロも本格的に試合時間の短縮に取り組むようです。

内容:ノーランナ-で投手が捕手からボールを受けとってから15秒以内に打者に投球しないとボールが宣告される。

大変良い試みだと思います。

アマ界の審判シニア、ボーイズ、ヤング等はスピードアップを毎年意識してきましたが大学野球の試合時間を見ると大変長く改善余地があるように思います。

この機会に是非検討するべきでは?それに比べて大変早いのが高校野球です。

同じ9回なのに何故このように差がでるのでしょうか?

大学野球審判員の方、高校野球審判員の方、社会人の審判員の方各協会の試みを教えて下さい。

|

« プロの審判に真実はこれだ | トップページ | 高校野球の通算ホームラン数とは »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球試合時間短縮:

« プロの審判に真実はこれだ | トップページ | 高校野球の通算ホームラン数とは »